そうそうたるゴスペル界のレジェンドが
認める
若き逸材!!

あのマライヤ・キャリーも認める
新進気鋭の天才アーティスト!!

2107年8月シングル曲「We win」
Billbord チャート1位!!

ゴスペルの最高峰ステラー賞にも
ノミネート!!

Pastor Vincent Bohanan
ヴィンセント・ボハナン
待望の緊急初来日!!!

2019年7月28日なんばhatch
フェイスゴスペルコンサートに
ゲスト出演決定!!!

このリアルゴスペルを
体が思わず動き出す躍動感を
お見逃しなく!!!

ぜひぜひお越し下さい!
お待ちしております!!

チケット予約は一番下

7月25日〜27日の3日間に
特別ゴスペルワークショップも開催予定!

なんばhatchで行われるフェイスゴスペルのコンサートにアメリカで活躍するVincent Bohananがゲスト出演するコンサートのチラシ
Vincent-Bohanan

 

The Faith Mass Choir
なんばHatch ゴスペルコンサート


日時:2019年7月28日(日)
場所:なんばHatch
開場:17:00
開演:18:00
前売:3,000円
当日:3,500円
共に1drink要別途
出演:Katsu Shijima/The Faith Mass Choir/特別ゲストPastor Vincent Bohanan(ヴィンセント・ボハナン)
Workshop member

Vincent Bohananプロフィール
(ヴィンセント・ボハナン)

ニューヨーク州生まれ、29歳。母親が牧師という環境で幼い頃からゴスペルの中で育ち、彼の類稀なる音楽的才能が磨かれる。
彼はゴスペルのソングライティングでも広く知られ、Stellar Award(ステラー賞)には彼の曲が2つもノミネートされる。
また天才的ピアニストでもあり、グラミー賞受賞者のHezekiah Walker(ヘゼカイヤ・ウォーカー)にも強く認められWalker氏の教会でミュージックディレクターを20代という若さで就任。Walker氏のアルバムや著名アーティストにも彼の楽曲を提供する。

また彼自身もゴスペルクワイア「The Sound Of Victory」のマスター(リーダー)であり、彼のソングライティングの才能と共に、そのエネルギーに溢れた情熱的なクワイアサウンドは現代のゴスペル業界に多大な影響を確実に与えている。

彼の存在はゴスペル界の著名人にも広く知られ、Donnie McClurkin(ドニー・マクラーキン)やCece Winans(シーシー・ワイナンズ)、Clark Sisters(クラークシスターズ)など名だたるゴスペルアーティストと共演するだけでなく、世界的に有名なMariah Carey(マライヤ・キャリー)やPuff Daddy(パフ・ダディー)とも仕事をともにする。

彼の名は今や世界中でも知られるようになり今年2019年にはイタリアのローマで開かれた「ROMA GOSPEL FESTIVAL」では彼のクワイア「Sound Of Victory」と共に海外出演をも果たす。またアメリカ全土でもゴスペルワークショップを積極的に行い、彼の美しく力強い楽曲は人々を魅了しながら広がっている。

2016年から日本のゴスペルクワイア「The Faith Mass Choir」(ザ・フェイスマスクワイア)、Jacoo Gospel Shingers(ジャコーゴスペルシンガーズ)の代表Katsu Shijimaと交流を持つ。2018年にKatsu代表主催で行われたニューヨークゴスペルツアーにおいては、マンハッタンでBohanan氏のゴスペルワークショップが行われ、ニューヨークブルックリンの教会でBohanan氏の「The Sound Of Victory」と「The Faith Mass Choir」(ザ・フェイスマスクワイア)が共演しその模様が全米のニュースで放映される。