12月26日大阪市中央公会堂ゴスペルコンサートにおける
新型コロナウイルス感染症への対応について

 

The Faith Mass Choirゴスペルスクールでは、演奏会の開催につきましては政府及び行政の対策方針に基づきお客様と出演者全員の安全安心を第一に出来る限りの感染予防策を講じて公演を開催いたします。

 

  • ◆ご来場の際は必ずマスクを着用願います。お忘れの際はご用意しておりますので受付にてお申し出下さい。
    ご不便おかけいたしますが館内でも必ずマスクの着用をお願い致します。
    ◆受付前に手指のアルコール消毒を設置しておりますので施行をお願い致します。
    ◆受付の際、整列時は前後の人との距離を十分にとり、移動の際はゆっくりと間隔を空けてお進み下さい。
    ◆受付にて非接触の検温を実施いたしますのでご協力お願い致します。
    検温の際、37.5度以上の発熱が認められる場合はご入場をお控え頂きますので何卒ご了承申し上げます。
    ◆ご来場者様同士の接触や大声での会話はお控え頂く様ご協力お願い致します。
    ◆ご入場の際、チケットは入場口にて係員にご提示の上、ご自身で切り離して頂き、半券を係員の持つボックスにお入れ下さい。
    ◆感染対策上、座席の間隔を1席ずつ空けて配席しております。お連れ様であっても間隔を空けてご着席頂くようご協力お願い致します。
    ◆館内お手洗いをご利用の際、出入り口が密にならないよう適度な距離の確保をお願い致します。
    ◆通常行っておりました公演後の出場者による玄関口でのご挨拶は安全上の事を考慮しこの度は終演後の玄関口の挨拶は行いませんのでご了承をお願い致します。
    ◆出演者への祝い花、プレゼント、差し入れなどはお控え頂きますようお願い致します。
    ◆公演当日、大阪コロナ追跡システムのQRコードを受付付近に看板にて大きく提示致します。ご入場の際ご登録のご協力をお願い致します。
    大阪コロナ追跡システムご説明はこちらをタップしてご確認下さい。

  • ◆体調の悪い方、咳、発熱(37.5度以上)などの症状がある方
    ◆過去2週間以内に発熱や風邪症状で受診をされた方
    ◆新型コロナウイルス感染症と診断された方との濃厚接触がある方
    ◆過去2週間以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国や地域への訪問歴及び当該在住者との接触がある方

  • ◆舞台と客席の距離の間に行政に指示に従った十分な距離を確保します。
    ◆舞台上では聖歌隊は全員マスクを着用での出演となります。指揮者、ソリストのみマスクを外しますが、舞台上で他の出演者と十分な距離を確保してのパフォーマンスとなります。
    ◆出演者、スタッフなど公演に関わる者全てに対し、健康チェック、マスク着用、手指消毒を徹底致します。

  • ◆受付、お手洗いにてアルコール手指消毒液を設置致します。
    ◆入場者数を半分に制限し、席は一つずつ空けて着席頂けるように致します。入場者数は利用施設である大阪市中央公会堂の入場制限の指示にも従って決めております。
    ◆開演前にじゅうぶんな空気の入れ替えを行います。
    ◆公演の休憩時間を長めに取り、じゅうぶんな換気時間を確保致します。